SO0236
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

兄弟が法定相続人になる2つのパターンと相続分・遺言の活用方法とは

「自分たち夫婦には子供がいない。相続の際には奥さんと私の兄が法定相続人になると聞いたのだけど、
本当だろうか。」

「自分は独り身だからあと何年生きるか分からないけれども、相続が発生した場合には弟は法定相続人と
なって私の財産を相続できるのだろうか。」

奥さまやお子さんがいらっしゃり、よく目にする相続人同士の関係であればいいのですが、ご自身のご兄弟が相続人となるようなケースを考えると少し複雑であり、ご不安なことと思います。

本記事ではご兄弟が法定相続人になるケースや、その際に相続する割合である法定相続分などについてご説明をしていきます。

ご自身の財産を将来的にどうしていくとよいか、誰がどのくらい相続するものなのかを知って対策をしておきましょう。

1.お子さんとご両親がいなければご兄弟が法定相続人となる

ご自身と奥さまがご健在であるかどうか関係なく、お子さんやお孫さんがいらっしゃらない場合で、ご両親や祖父母もいらっしゃらない場合にご自身のご兄弟が法定相続人となります。

お子さんやお孫さん、ご両親等がお一人でもいらっしゃる場合には、ご自身のご兄弟が法定相続人になることはありません。

図1:兄弟が法定相続人になるケース
兄弟が法定相続人になるケース

2.ご兄弟が法定相続人となる場合の相続人は2パターン

1章でご説明した内容を具体的に考えていきます。

ご自身のご兄弟が法定相続人となるかどうかは、奥さまがいるかどうかは無関係ではありますが、奥さまがいらっしゃるかどうかにより、財産の分割割合が大きく変わってきます。

この相続する割合のことを法定相続分といいます。法定相続分どおりに分割しなければならないルールはありませんが、分割するための話し合いをする際の基本割合となります。

※法定相続分について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

2-1.配偶者がいる場合

奥さまがいらっしゃる場合にご自身のご兄弟が相続人となるのは、1章でお話ししたとおりお子さんやお孫さん、ご両親等がいらっしゃらない場合です。

この場合の法定相続分は、奥さまが3/4、ご自身のご兄弟が1/4となります。ご兄弟が複数人いらっしゃる場合には1/4をご兄弟の人数で等分します。

図2:法定相続人が配偶者と兄弟の場合の法定相続分
法定相続人が配偶者と兄弟の場合の法定相続分

2-2.配偶者がいない場合

奥さまがいらっしゃらない場合にご自身のご兄弟が相続人となるのは、こちらも1章でお話ししたとおりお子さんやお孫さん、ご両親等がいらっしゃらない場合です。

これらの条件下では、奥さまがいらっしゃる場合といらっしゃらない場合の法定相続人は同じですが、法定相続分に差があります。奥さまがいらっしゃらない場合には、ご兄弟がすべて相続することになります。

ご兄弟が複数いれば人数で等分することになります。

図3:法定相続人が兄弟のみの場合の法定相続分
法定相続人が兄弟のみの場合の法定相続分

3.ご兄弟がすでに亡くなられている場合の法定相続人の考え方

ご兄弟が法定相続人となる場合に、ご自身が亡くなられるよりも前にご兄弟が亡くなられていた場合には、ご兄弟のお子さんである甥姪がいらっしゃれば代襲相続としてご兄弟の相続分を相続することができます。

ご兄弟の奥さまがご健在であった場合でも、ご兄弟の奥さまは相続人とはなりません。

3-1.ご兄弟の配偶者は法定相続人ではない

ご自身が亡くなられた時点で、ご兄弟が法定相続人となるもののすでに亡くなられていた場合、ご兄弟の奥さまには相続する権利がありません。ご兄弟の奥さまは法定相続人にはなれません。

3-2.ご兄弟が亡くなられた場合は代襲相続がある

ご自身が亡くなられた時点で、ご兄弟が法定相続人となるもののすでに亡くなられていた場合、ご兄弟のお子さんである甥姪がいらっしゃれば法定相続人となります。

甥姪はご自身のご兄弟が相続するはずの財産割合を人数で均等に分割した割合相当を相続することになります。

※代襲相続について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

図4:代襲相続をする場合の割合
代襲相続をする場合の割合

4.ご兄弟が法定相続人になる場合には遺言を活用して意思を残そう

3章までは、法定相続人としてご兄弟が財産を相続するケースについてご説明をしてきました。

奥さまもお子さんもいらっしゃらない場合には、ご兄弟に財産を受け取ってほしいと考えますが、奥さまがいらっしゃる場合は奥さまと一緒に築いてきた財産が相続を機にご兄弟の手に渡ることをよく思わない場合もあります。奥さまも今後の生活を考えた際に1円でも多くの財産が残っていた方が安心です。

このような場合には遺言を活用します。法定相続人が確定すると、法定相続分が決まります。しかし、法定相続分と関係のない割合で財産を分割したい場合や、ご兄弟には1円もあげたくない場合には有効です。

また、遺言書があれば法定相続人同士の財産を巡る争いを回避することができますし、銀行などの相続手続きも簡単になることが多いため、残されたご家族も安心できます。

ただし、遺言が無効になるといけませんので無効になりにくい公正証書遺言をおすすめします。

※公正証書遺言について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

 

4-1.奥さまに全財産を残すことができる

奥さまとご兄弟が法定相続人となる場合には、遺言書がなければ奥さまが3/4であり、ご兄弟は1/4の相続権を主張することができます。

しかし、遺言が作成されており、奥さまが全財産を引き継ぐと記載されていれば、奥さまが全財産を相続することができます。

財産の形成にご兄弟が寄与してきたわけではなく、ご夫婦で築いてこられたのであれば、全財産を相続することに違和感はありません。

また、5章でご説明しますが、ご兄弟が相続人となる場合には遺留分が無いため全額奥さまが受け取ることが可能となります。

4-2.奥さまがいない場合はご兄弟以外の方に残すことができる

奥さまがいない場合には、法定相続人はご兄弟のみとなります。しかし、ご兄弟とは疎遠になっている場合や、お世話になった方へ恩返しをしたい場合などには、遺言書に記すことで財産を引き継ぐことができます。

遺言書に第三者へ財産を譲ることを記す場合には、あらかじめその方へ説明をしておくとトラブルが起きづらくなります。

また、こちらもご兄弟には遺留分がないため、指定された方がその財産をそのまま受け取ることができます。

5.ご兄弟が法定相続人の場合には遺留分の権利が無い

法定相続人には、遺留分といって相続の際に最低限の保証されている財産の取り分があります。

例えば遺言で「全財産を慈善団体に寄付する」などと記載があった場合、配偶者の方が法定相続人であれば法定相続分の半分までを限度として遺留分の請求が認められ、相続することができます。

ただし、ご兄弟の方は法定相続人であっても、遺留分を請求する権利はありません。

図5:兄弟に遺留分はない
兄弟に遺留分はない

※遺留分について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

6.まとめ

ご兄弟とは、ご両親の介護や相続といった場面で対立してしまい、関係性が良くない場合も多々あります。

また、仲が良い・悪いに関わらず、ご自身の財産をご兄弟が相続することで、奥さまが困ってしまう場合もあります。

ご兄弟が相続人となる可能性がある場合には、どのように財産を相続していくことがよいのか検討して、生前に早めに対策をされておくことをおススメします。

遺言書を作成したり、財産の相続について考えたりする際には、相続に強い税理士に相談をすると豊富な知識で最適なアドバイスをもらうことができます。

ぜひご自身の財産を整理し、財産をどなたにどのように残すのかを考えることから始めてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
相続対策・相続税申告で損をしたくない方へ

相続税の納税額は、その申告書を作成する税理士により、大きな差が生じます。
あなたが相続対策や相続税の申告をお考えであれば、ぜひ当税理士法人にご相談ください。
絶対に損をさせないことをお約束します。

OAG税理士法人が選ばれる4つのポイント
選ばれる4つのポイント
  • 相続税の申告件数 年間850件以上の実績
  • 創業30年の実力と安心感
  • 多くの専門書執筆が示す「ノウハウ」
  • 相続に関わる士業とのワンストップ連携
OAG税理士法人に依頼する3つのメリット
  • 考え方に幅のある「財産評価」を知識とノウハウで適切な評価をする
  • 遺産分割を次の相続(二次相続)も視野に入れ、税額軽減の創意工夫をする
  • 専門用語を使わないお客様目線の対応
【お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら】

初回のみ無料面談を実施していますので、まずお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
【スマートフォン、パソコンからのお問い合わせ・ご相談はこちら】

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

相続手続きでお困りの方へ