SO0286
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

相続の専門家は「専門性と経験値」を無料相談で見極め選ぶのがお勧め

「相続の手続きって難しそう。働いているので時間の余裕もないし、ほかの相続人との調整も大変そうだから、やはり専門家に任せたいと考えている。でも、相続の専門家といっても、何を基準に選べばよいのか、どこまでお願いできるものなのかよく分からない。できれば費用の相場も知っておきたい・・・」

 財産の内容や規模に応じて、相続手続きの難しさは変わってきます。預貯金の解約だけであれば、戸籍を集めるなどの手間はかかりますが、専門家に頼まないでご自身でおこなっていただいた方が、余分な出費を抑えられます。

しかし、不動産の名義を変えるための登記手続きが必要であれば、専門性が高いので、ご自身でおこなうより、専門家に依頼してしまった方が、正確で迅速に手続きを終えることができます。

相続手続きを無理なくスムーズに進めるためには、いったいだれに相談すればよいのだろうか?

専門家選びにお困りの方は多いと思います。本記事は、必要な手続きの最適な専門家選びに役立つ情報を分かりやすくまとめています。迷われている場合は、ぜひご一読いただければと思います。

1.頼める業務は?相続の専門家がおこなう主な業務一覧

専門家とは、一般的に国家資格があり、それを職業としている士業のことです。相続の専門家としては「税理士」「司法書士」「弁護士」「行政書士」といった士業が主に業務をおこなっています。民間の企業が専門家と名乗っている場合もありますが、その多くは士業と提携、もしくは連携して業務を請け負っています。

また、1人の専門家に依頼すれば、どんなケースでも臨機応変に対応できるというわけではありません。専門家は、法律で定められた「独占業務」の規定に従って、受けることができる業務の範囲が決まっています。この範囲を超えて業務をおこない、報酬を得ることはできません。専門家に何を依頼したいのか、その目的を明確にしてから、適切な専門家を選ばなくてはなりません。

1:目的と専門家の一覧

2.相続の専門家選びで後悔しないための無料相談のススメ!

「こんな相談を専門家にしてもよいものだろうか」と思われて、専門家に相談することを躊躇している方は多いと思いますが、あまり気負わず、まずは「無料相談」を利用されてみてはいかがでしょうか。無料相談は、ホームページなどから簡単に申し込むことができます。

2-1.無料相談に持参すべきもの

無料相談をすることで、これから進める相続手続きの方向性がみえ、「いつまでに何をするべきか」が明確になってくると、相続手続きに対する不安な気持ちを解消することができます。

無料相談は、メールや電話では受けつけていないことが多く、時間を作って、専門家のもとを訪ねていただく必要があります。無料なので時間に限りはありますが、あらかじめ準備して持参するとよい以下のものを専門家に確認してもらうことで、よりスムーズに相談を進めることができます。

【無料相談に持参するもの】
・メモでも構わないので財産内容がわかるもの
・不動産がある場合には、直近の固定資産税納税通知書
・その他、確認したい資料

2-2.無料相談時の5つの確認ポイント

専門家との相性や、信頼性の問題はありますが、選定の基準としては、以下の5つのポイントをふまえて、ご相談いただければと思います。

【確認ポイント】
1. 「相続の経験が豊富」で質問に対する回答が的確であるかどうか
2. 専門用語で難しい説明ではなく「分かりやすい言葉で丁寧に説明」しているかどうか
3. 相続人が「しなければならない手続きの内容を明確」にしてくれているかどうか
4. 手続きの流れを説明し「スケジュールを提示」してくれるかどうか
5. 窓口1つですべて任せられる「一貫したサービス提供が可能」かどうか

2:見極めポイント

2-3.お見積りはできる限り詳細に提示してもらう

無料相談時に大よその遺産総額が分かれば、その場で費用に関する説明を受けて把握することができると思います。依頼するかどうかを直ぐに判断できなくても大丈夫です。後日改めて連絡することで構いません。

お見積りは、依頼する業務ごとに、内容と金額が分かるように提示してもらうことが望ましいと考えます。たとえば、名義変更の登記を依頼する場合、手続きにかかる費用の他、必要書類の代行取得費、交通費、実費などの内訳が分かるように示してもらえると、ご自身で準備できる部分と選別して、無駄なく依頼することができるからです。

ご自身で準備する時間や手間、不備などで手続きが滞るリスクがあることを考えると、確実で安心できる専門家に頼めることはお任せしてしまう方が、不安な気持ちに余裕を持てるかもしれませんね。

3.専門家ごとの得意分野と気になる費用

1章では、主な相続手続きに対応している専門家を一覧でご紹介しましたが、それぞれの専門分野と、依頼した場合の気になる費用について、さらに詳しくご説明していきます。

3-1.相続税などの税金に関することなら税理士

相続税の申告をおこなえるのは税理士だけです。相続税の申告が必要、もしくは心配だ、という場合は、まず、税理士に相談しましょう。

税理士は、相続税、確定申告などの税務申告書類の作成はもちろんのこと、節税を考慮した最適な分割方法のご提案などをお手伝いすることができます。そもそも相続税がかかるのかどうかが分からない、何から手をつければよいのかまったく分からない、といった場合でも、相続の経験豊富な税理士であれば、直ぐに申告の有無を判断し、必要に応じた申告書作成の準備まで、きめ細かなサポートをお願いすることができます。

税理士に依頼した場合の費用は、相続財産の総額によって変わりますが、相続財産が5,000万円の場合であれば、おおよそ25万円から50万円くらいです。相場としては、相続財産の0.5%~1.0%といわれています。

【相続における税理士の主な業務】
・相続人の調査
・財産目録の作成
・相続財産の評価
・最適な分割方法のご提案
・相続税申告(必要書類の代理取得・申告書の作成・税務調査の対応)
・準確定申告(亡くなられた方の確定申告)

3:相続税の専門家は税理士

3-2.不動産の相続登記のことなら司法書士

相続において司法書士は、不動産の相続登記(名義変更)の専門家です。司法書士以外が不動産の登記をすることはできません。さらに、不動産の登記以外にも、相続放棄の手続き、成年後見人の手続きといった公的機関に対する手続きの代行業務に精通しています。

相続財産に名義変更が必要な不動産がある場合には、司法書士を選んでいただくとよいでしょう。

司法書士の費用は、不動産の評価額により異なります。登記するのに必要な書類の代行取得も併せて依頼した場合でおおよそ1015万円くらいです。また、登記には、登録免許税という税金がかかり、司法書士に登記を依頼した場合は、登録免許税の実費分を含めて支払うことが一般的です。

目安は、評価額2,000万円の不動産の場合で、登録免許税(評価額×0.4%)と併せて15万円くらいです。

4:不動産登記の専門家は司法書士

【相続における司法書士の主な業務】
・不動産の相続登記
・登記に必要な書類の代理取得
・相続放棄の申し出など、公的機関の手続き代行

3-3.遺産分割協議書の作成を頼みたいなら行政書士

相続において行政書士は、遺産分割協議書の作成をすることができ、独占業務と定められています。分割に関するもめ事が生じている場合は、行政書士には当事者の代理を務める権利はないので、裁判所への申請や交渉を代わりに行うことはできませんが、トラブルがなければ、遺産分割協議書を不備なく作成することができるので、相続手続きを遅らせることなく、スムーズに進めることができます。

行政書士は、相続に伴う各種名義変更の手続き代行なども行いますが、費用については、特に定まった基準はありません。行政書士によって異なりますが、目安としては、遺産分割協議書の作成で37万円、自動車の名義変更をした場合、13万円くらいとなります。

4:遺産分割協議書を唯一作成できるのは行政書士

【相続における行政書士の主な業務】
・遺産分割協議書の作成

3-4.裁判になりそうな相続争いのことなら弁護士

相続トラブルに関する調停や訴訟に関することは弁護士の専門分野となります。当事者の代理人となって交渉できるのは弁護士だけです。遺言の内容に不服がある、遺産分割協議が進まない、などの場合は、弁護士が代理人となって交渉から裁判に進む場合の手続きまで、すべて担当します。

相続における弁護士の費用は、相手方に請求する金額によっても異なりますが「着手金+成功報酬+日当」が費用内訳の基本となります。弁護士報酬は自由化されていますが、以前の報酬に関する規定をそのまま参考に、現在も費用を設定している場合が多いようです。日当については、510万円が相場となります。

1:弁護士の報酬(着手金と報奨金) ※参考:()日本弁護士連合会報酬等基準

5:相続トラブルの専門家は弁護士

4.相続の専門家に依頼するメリットとデメリット

手続きを依頼することは、専門家の豊富な経験と知識をもとに、確実に相続手続きを進められることが最大のメリットといえるでしょう。期限がある手続きでも、専門家なら滞りなく、期日までに完了させることができるので安心です。手続きをする時間がない、相続人の人数が多くて高齢である、相続財産の内容が複雑すぎるという場合は、専門家に依頼することをお勧めいたします。

これまでご説明したとおり、専門家でもそれぞれ対応できる業務の範囲が決まっています。専門外の業務については、別の専門家に依頼する必要があるため、トータルサポートが難しい専門家では別々に依頼することになり、かかる費用が割高になる可能性があります。また、手続きによってはご自身で簡単にできてしまうものもありますので、説明を聞いて、きちんと見極めなければ、不要な費用まで支払うデメリットが生じます。

5.まとめ

相続の専門家といっても、対応できる業務の範囲が決まっていることをご理解いただけましたでしょうか。まずは、ご自身が専門家に何を望まれているのかを明確にすることが大切です。無駄のない、正確でスムーズな相続手続きを実現するには、最適な専門家を選ぶ必要があります。

そうはいっても相続のことは何もわからない、まずはだれかに話を聞いてみたい、という場合は、お気軽に無料相談を利用されるとよいでしょう。税務のことなら税理士、登記のことなら司法書士、相続トラブルのことなら弁護士が専門となりますので、参考にしてください。

スムーズに相続手続きを終えるためにも、ご自身でできる手続き、専門家に頼む必要がある手続きを線引きして明確に示してくれる専門家を選ぶことができると、費用も最低限におさえられるのでおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
相続対策・相続税申告で損をしたくない方へ

相続税の納税額は、その申告書を作成する税理士により、大きな差が生じます。
あなたが相続対策や相続税の申告をお考えであれば、ぜひ当税理士法人にご相談ください。
絶対に損をさせないことをお約束します。

OAG税理士法人が選ばれる4つのポイント
選ばれる4つのポイント
  • 相続税の申告件数 年間850件以上の実績
  • 創業30年の実力と安心感
  • 多くの専門書執筆が示す「ノウハウ」
  • 相続に関わる士業とのワンストップ連携
OAG税理士法人に依頼する3つのメリット
  • 考え方に幅のある「財産評価」を知識とノウハウで適切な評価をする
  • 遺産分割を次の相続(二次相続)も視野に入れ、税額軽減の創意工夫をする
  • 専門用語を使わないお客様目線の対応
【お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら】

初回のみ無料面談を実施していますので、まずお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
【スマートフォン、パソコンからのお問い合わせ・ご相談はこちら】

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

相続手続きでお困りの方へ