SO0052
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

親の相続放棄をしても子に代襲相続されない!相続放棄を終える全手順

「お父さんの財産は借金が多いから相続放棄をしたい。だけど私が放棄したら子どもが借金を負わないか心配・・・」

相続をする際に、明らかに負債の方が多いようであれば、相続放棄することを検討されていることと思います。しかし、ご自身が相続放棄をすることでお子さんが代襲相続して、代わりに負債を背負うことになっては困るし・・・と決断を迷われていませんか。
相続放棄が原因で、お子さんが代襲相続をしてしまい困るようなことはありません。

本記事では、相続放棄をした場合に代襲相続にならないという考え方の解説と、ご自身が相続放棄をした後にどのように考えればいいのか、についてご説明します。

1.親の相続放棄をしても子どもに代襲相続されない

ご自身のお父さまが亡くなられ場合、負債等が多いことから相続放棄をしたとしてもご自身のお子さんがお父さまの相続権を代襲相続することはありません。代襲相続は今回亡くなられたお父さまよりも先に、本来相続人であるご自身が亡くなられていた場合に生じるものです。ご自身が相続放棄をした場合は「初めから相続人ではなかった」とみなされますので、代襲相続されることはありません。

※代襲相続について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

図1:代襲相続のイメージ

2.親の相続放棄をしても代襲相続されない2つの理由

相続放棄をした場合、相続放棄した相続権がどのように取り扱われるかについて考えてみましょう。

相続では、法律により「相続する順位」が決められています。加えて、相続人がすでに亡くなられていた場合の対処として代襲相続などの決まりもあります。これらを組み合わせて、今回の相続の相続人が確定していきます。

今回、亡くなられたお父さまの相続人を決める場合には、仮にご自身と長女の二人がいる場合にはお二人が相続順位1位として相続人となります。ここでお二人が相続放棄をすると、相続順位1位の方が誰もいないということで、相続順位2位の祖父母へ相続権が移ります。

図2:相続する順位

※相続の順位について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

2-1.相続放棄をしたら「相続人ではなくなる」

お父さまの相続の際に、長男であるご自身が相続放棄をした場合には、ご自身は相続人ではなかったという扱いになります。「相続人ではない」という扱いの場合には代襲相続は発生しません。

<お父さまが亡くなられた場合の相続人>

・亡くなられた方:お父さま
・相続人:お母さま、長男、長女
・その他:祖父母、お父さまのご兄弟2人
※お母さまは相続放棄を決断している

【お母さまと長男が相続放棄】
この場合は、長女だけが相続人となります。

【お母さまと長男・長女が相続放棄】
この場合は、祖父母が相続人となります。

【お母さま、長男・長女、祖父母が相続放棄】
この場合は、お父さまのご兄弟が相続人となります。

【全員が相続放棄】
誰も負債等を負わなくてもよくなります。

図3:相続関係説明図でみる相続権の移行

2-2.代襲相続は「本来の相続人がいない」場合に適用

「相続人ではなくなる」と「本来の相続人がいない」の違いについてご説明します。
(1)「相続人ではなくなる」は、2-1.でご説明したとおり最初から相続人ではないと扱われ相続する権利を持ちません。(相続放棄)
(2)「本来の相続人がいない」は、今回の相続では相続人であり相続する権利を持っているが、すでに亡くなられているなど、事実として相続できないという状況となります。(代襲相続)

つまり、相続放棄をした場合には(1)の状況ですので、相続放棄をしたらお子さんに迷惑をかけないかという心配は必要ありません。結論として、相続権がお子さんに移ることはありません。

「代襲相続」は本来の相続人がすでに亡くなられている場合などのやむを得ない理由から相続できない状況の場合に、お子さんがいれば相続権をお子さんが持つことができるというものです。

図4:相続と代襲相続の考え方

3.親の相続放棄をする場合に対応すべき3つの手続き

相続放棄することを決断した場合、相続放棄をする方がそれぞれ家庭裁判所へ手続きをおこないます。
相続放棄には期限があるため、相続開始を知った日から3か月以内に手続きをしなければなりません。裁判所には期日内に「相続放棄申述書」という所定の用紙に必要事項を記入して添付書類を揃えて提出すれば完了します。

また、相続放棄を決めた場合には、他の相続人や相続放棄がきっかけで新たに相続人となる方へ相続放棄をする旨を伝えることを忘れないようにしましょう。

図5:全員が相続放棄をすれば誰も負債を負わないイメージ

※相続放棄について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

※相続放棄の申述書について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

3-1.相続放棄をしたことを兄弟に伝える

相続放棄は、人に強要されるものではなく、あくまでも個人の判断でするべきものとされていますので、相続人一人ずつが裁判所に手続きをしなければなりません。

ご自身が相続放棄したからといって、同じ相続順位であるご兄弟(姉妹)全員が相続放棄したとはみなされません。そして、相続放棄の手続きを裁判所におこなっても他の相続人へ通知されることもありません。
よって、ご自身がご兄弟に話をしなければ相続放棄をしたことがわかりませんので、特に負債を逃れるために相続放棄をした場合には相続放棄の手続きをすることを共有する配慮が大切です。

3-2.兄弟全員が相続放棄したら祖父母に伝える

ご自身を含め、同じ相続順位の相続人全員が相続放棄をした場合、第一順位の相続人は初めからいなかったとみなされるため、第二順位の方が相続人となります。つまり、ご自身をはじめとしたご兄弟が全員相続放棄をした場合には、相続人が祖父母になります。

祖父母は相続人になるとは思っていませんし、相続放棄をしたからといって裁判所等から通知を受けとるわけでもありませんので、ご自身から連絡をする必要があります。

祖父母も相続放棄をする場合の期限は、「ご自身が相続人となったことを知った日から3か月以内」というルールがありますので、連絡をした日から3ケ月以内に相続放棄をすれば問題ありません。
また、第二順位である祖父母には代襲相続という考え方はありませんが、こちらも相続放棄をしたことによる代襲相続は発生しません。

3-3.親の兄弟も相続放棄したら誰も負債を負わない

3-2.の状況で、もし祖父母がすでに亡くなられていたり、祖父母も相続放棄をおこなった場合にはお父さまのご兄弟が相続人となります。祖父母が亡くなられているまたは相続放棄したのちには、お父さまのご兄弟が相続人となったことを連絡しましょう。

配偶者の方も含め、すべての順位の方が相続放棄をすれば、どなたも負債を背負わずに済みます。
3-2.と同様に相続人となることを知った日から3ケ月以内が相続放棄の申請期限となります。

4.相続放棄をしても甥姪にも代襲相続されることはない

3章で相続放棄をすべて終えて、誰も負債を負わなくても良くなる流れをご説明しましたが、お父さまのご兄弟が相続放棄をした場合には、甥や姪に代襲相続されるのではということを心配されることもあります。
これは相続順位の図を見ていくと、最後の相続人が甥・姪となっていますので、相続放棄をしたことで、甥や姪がすべての責任を負わないといけないと想像される方もいらっしゃると思います。

しかし、3-3.のとおりお父さまのご兄弟が相続放棄をしたらすべてが完了です。
お父さまのご兄弟が相続放棄をしたことで、そのお子さんにあたる甥・姪の方が代襲相続することはありません。万が一、お父さまのご兄弟がすでに亡くなられていた場合には、甥や姪が代襲相続人となる場合がありますが、これはお父さまのご兄弟の代わりに相続放棄手続きをする必要があると考えていただければと思います。

5.注意!相続人がすでに亡くなられている場合は代襲相続がある

「相続放棄をする場合には代襲相続がない」と、ここまで説明してきましたが、これは「相続放棄がきっかけとした代襲相続はない」という考え方です。本来相続人となる方がすでに亡くなれていた場合など、代襲相続としてお子さんが相続権を持つことがあります。あくまで相続放棄が原因で代襲相続することがないということです。

5-1.相続人が亡くなられているとお子さんが相続人

ご自身の財産を相続する権利はお子さんにあります。よって、今回お父さまが亡くなられた場合には、お父さまの財産を相続する権利はご自身にあります。しかし、ご自身がすでに亡くなられている場合には代襲相続としてご自身のお子さんがその権利を引き継ぎます。

本来は、ご自身が相続放棄の手続きをすべきですが、すでに亡くなられた場合には相続放棄ができませんので、お子さんが代わりに相続放棄の手続きをおこなうようなイメージとなります。

5-2.お子さんが相続放棄をすれば再代襲はない

5-1.のような場合に、お子さんが代襲相続をしてご自身の代わりに相続放棄の手続きをすれば完了です。
仮にお子さんの下の世代がいたとしても再代襲となることはありません。お子さんが最初から相続人ではなかったと考えられるため、権利はご自身の祖父母に移ります。

6.相続放棄が認められるまでの流れ

相続放棄は家庭裁判所に受理されて成立します。その時に提出を求められる申請用紙が「相続放棄申述書」です。相続放棄には期限があり「相続発生から3ヶ月以内」に相続放棄申述書を提出しなければ、原則、認めてもらうことができません。

図6:相続放棄が認められるまでの流れ

※相続放棄申述書について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

7.まとめ

相続放棄をしたことをきっかけに、ご自身のお子さんに代襲相続されることはないということをお分かりいただけたのではないでしょうか。

相続放棄では代襲相続はされませんが、次の順位の方に相続権が移ってしまうことにはあらためてご注意ください。ご自身が相続放棄をして、そのことを他の相続人に伝えないと迷惑をかけてしまいます。相続人の皆さんで、しっかりと連絡を取り合って相続放棄をしたことを伝えていけば何の問題もありません。

相続放棄の手続きは難しいものではありませんが、申述書の作成や必要書類を集める時間がない、不安なので専門家に任せたいなどの場合には、相続税に強い税理士・司法書士・弁護士に依頼することも可能です。

相続放棄は3ヶ月以内という短い期限になっていますので、迅速で的確な判断と相続人同士の連携作業が必要であることをご理解いただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
相続対策・相続税申告で損をしたくない方へ

相続税の納税額は、その申告書を作成する税理士により、大きな差が生じます。
あなたが相続対策や相続税の申告をお考えであれば、ぜひ当税理士法人にご相談ください。
絶対に損をさせないことをお約束します。

OAG税理士法人が選ばれる4つのポイント
選ばれる4つのポイント
  • 相続税の申告件数 年間850件以上の実績
  • 創業30年の実力と安心感
  • 多くの専門書執筆が示す「ノウハウ」
  • 相続に関わる士業とのワンストップ連携
OAG税理士法人に依頼する3つのメリット
  • 考え方に幅のある「財産評価」を知識とノウハウで適切な評価をする
  • 遺産分割を次の相続(二次相続)も視野に入れ、税額軽減の創意工夫をする
  • 専門用語を使わないお客様目線の対応
【お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら】

初回のみ無料面談を実施していますので、まずお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
【スマートフォン、パソコンからのお問い合わせ・ご相談はこちら】

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

相続手続きでお困りの方へ