SO0282
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

遺産分割協議証明書とは何か?遺産分割協議書との違いと書き方の要点

「相続の手続きには、相続人全員の名前を書いて実印を押してもらった遺産分割協議書の提出が求められる。でも、相続人の子供たちは住んでいるところも違えば、それぞれが忙しくてなかなか集まることなんてできない・・・全員から署名や押印をもらうまでにはだいぶ時間がかかりそうだわ・・・」

相続する内容が決まっていても、遺産分割協議書を作成して相続人全員に署名や実印を押してもらい、いざ相続手続きを始められるようになるまでにはかなりの時間を要します。

相続人全員で集まることが難しい場合、遺産分割協議書を郵送で回し、順番に署名と押印をもらって進めていきますが、この方法だと時間がかかる上に、回しているうちに大事な書類を紛失してしまう恐れがあります。

できるだけ早く相続手続きを始めたい方におススメなのは、遺産分割協議書ではなく「遺産分割協議証明書」です。

この記事では、遺産分割協議証明書とはどういうものか、その書き方や作成上の注意点などを分かりやすく解説していきます。

1.遺産分割協議証明書とは署名押印手続きを簡略化するもの

遺産分割協議証明書とは、相続人全員で話し合った分割協議の内容を証明する書面です。遺産分割協議書との違いは、内容そのものではなく署名と押印の仕方です。

ポイントは、遺産分割協議書では相続人全員の署名押印を1枚の書面にまとめるのに対し、遺産分割協議証明書では相続人ごとに書面を作って各々に署名押印をしてもらうということです。

遺産分割協議証明書であれば、たとえ相続人同士が離れて暮らしていても、一斉に書面を送って、各々の都合にあわせて書類を整えてもらうことができます。

最後に、全員分の遺産分割協議証明書をひとまとめにして一冊に仕上げれば、遺産分割協議書と同じ書面とみなすことができます。

図1:相続人全員の署名押印がされた遺産分割協議書
相続人全員の署名押印がされた遺産分割協議書

図2:相続人ごとに作成された遺産分割協議証明書
相続人ごとに作成された遺産分割協議証明書

遺産分割協議証明書は、効率よく、同じタイミングで署名押印をしてもらえることが最大のメリットです。

署名を自署して実印を押せば、文面はパソコンで入力しても構いません。形式や書面をデータで共有し、各々が都合の良いときに印刷して仕上げることが可能です。

2.遺産分割協議証明書の書き方

遺産分割協議証明書の書き方には2つのパターンがあります。
 ①すべての財産を記載する
 ②相続人が各々で取得する財産のみ記載する

遺産分割協議証明書も法律で決まった様式はありませんが、遺産分割協議書と同様に、下記が必要です。
 ・亡くなられた方の情報
 ・相続財産の詳細
 ・財産を取得する方
 ・作成した年月日
 ・署名と実印の押印
 ・捨印

財産の記載方法については、引き継ぐ財産を特定できるように具体的に記載してください。例えば、自宅などの不動産であれば、法務局で取得できる登記簿謄本の内容にそって細かく記載すれば大丈夫です。

※遺産分割協議書の書き方について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

2-1.すべての財産を記載する場合

遺産分割協議証明書にすべての財産を記載する場合、以下3つのポイントをふまえて作成してください。
 ①タイトルは「遺産分割協議証明書」
 ②書き出しの部分に「遺産分割の協議が成立したことを証明する」という一文をいれる
 ③相続人が個別に署名押印(捨印含む)をする

図3:すべての財産を記載する場合
すべての財産を記載する場合

2-2.相続人が各々で取得する財産のみ記載する場合

遺産分割協議証明書に各々が取得する財産のみ記載する場合は以下4つのポイントをおさえてください。
 ①タイトルは「遺産分割協議証明書」
 ②書き出し部分に「以下の遺産を○○○○が取得したことを証明する」という一文をいれる
 ③取得する財産のみ記載する
 ④相続人が個別に署名押印(捨印)をする

図4:相続人が各々で取得する財産のみを記載する場合
相続人が各々で取得する財産のみを記載する場合

3.すべての財産を記載する遺産分割協議証明書を作成するのがおススメ

遺産分割協議証明書の書き方を2パターンご紹介しました。取得する個別の財産を特定できるよう正しく記載されていれば、手続き上の問題はありません。

しかし、相続人が各々で署名押印をするときに、財産の全容が分からないと不安になり、疑う気持ちが生じてしまい、トラブルになり兼ねません。

相続人の関係性が薄いなど、特別な事情がない限りはすべての財産を記載する様式で作成されることをおススメいたします。

4.遺産分割協議証明書を各相続人に送付し記載してもらうときの3つの注意点

遺産分割協議証明書は、相続人全員で集まることができないなどの理由で活用される場合が多いですが、遺産分割の協議内容がきちんと整っていることが大前提となります。

事前にしっかりと話し合い、相続人全員が同意した内容で作成しましょう。

図5:各々が署名押印した遺産分割協議証明書を代表者がとりまとめる
各々が署名押印した遺産分割協議証明書を代表者がとりまとめる

4-1.遺産分割協議証明書日付はバラバラで問題ない

遺産分割協議証明書の日付はバラバラで構いません。複数の遺産分割協議証明書のうち、いちばん遅い日付が協議成立の日となります。

4-2.遺産分割協議証明書に捨印が必要な理由を理解してもらう

遺産分割協議証明書には捨印を押してもらった方が安心です。捨印は些細な誤りがあったときの訂正印の役割があり、捨印があればわざわざ書き直したり、郵送し直す手間が省けます。

捨印を押すことには、慎重になる相続人の方もいらっしゃると思いますので、内容の大きな変更は遺産分割協議証明書を改めて作成し直すことを伝え、捨印を押す意味をきちんと理解してもらいましょう。

4-3.遺産分割協議証明書の署名押印は実印で、印鑑証明書を添付

遺産分割協議証明書の署名は直筆で、実印で押印します。この押印がご本人のものであることを証明するために印鑑証明書を添付します。遺産分割協議証明書は常に印鑑証明書とセットになります。

相続の手続きでは「相続が発生した日以降に取得したもので取得から6ヶ月以内の印鑑証明書」を求められることが多いので有効期限には注意してもらう必要があります。

図6:必ず必要な印鑑証明書
必ず必要な印鑑証明書

※印鑑証明書について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

5.遺産分割協議証明書を活用する相続の手続き

遺産分割協議証明書が相続人の方から戻ってきたら、全員分をひとまとめにします。全員分を合わせることで遺産分割協議の成立を証明し、相続の手続きができるということになります。

遺産分割協議書と同じように利用することができます。

【遺産分割協議証明書でおこなえる主な相続の手続き】
 ①不動産の相続登記
 ②預金の名義変更・払戻し
 ③自動車の名義変更
 ④株式の名義変更
 ⑤相続税申告

6.まとめ

遺産分割協議証明書は相続人1人に1通作成した書面です。遺産分割協議書と内容や利用できる相続手続きに違いはありません。

相続人の人数が多い、あるいは遠方に住んでいて郵送で遺産分割協議書を回していくのに手間と時間がかかる場合に、遺産分割協議証明書を作成すると効果的です。

相続人全員分の遺産分割協議証明書を合わせることによって、遺産分割協議書の役割を果たします。相続の手続きの際は、必ず相続人全員分の遺産分割協議証明書を揃えて提出してください。

遺産分割協議書を作成する場合と同じで、事前に分割協議が成立し、相続人全員が分割内容に同意していなければなりません。

遺産分割協議証明書という名称に馴染みのない方も多くいらっしゃるので、遺産分割協議書と内容や意味合いはまったく同じであることを相続人全員が理解し、手続きに不安な気持ちを感じることがないように配慮しましょう。

ご不明な点があれば、相続に強い専門家にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
相続対策・相続税申告で損をしたくない方へ

相続税の納税額は、その申告書を作成する税理士により、大きな差が生じます。
あなたが相続対策や相続税の申告をお考えであれば、ぜひ当税理士法人にご相談ください。
絶対に損をさせないことをお約束します。

OAG税理士法人が選ばれる4つのポイント
選ばれる4つのポイント
  • 相続税の申告件数 年間850件以上の実績
  • 創業30年の実力と安心感
  • 多くの専門書執筆が示す「ノウハウ」
  • 相続に関わる士業とのワンストップ連携
OAG税理士法人に依頼する3つのメリット
  • 考え方に幅のある「財産評価」を知識とノウハウで適切な評価をする
  • 遺産分割を次の相続(二次相続)も視野に入れ、税額軽減の創意工夫をする
  • 専門用語を使わないお客様目線の対応
【お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら】

初回のみ無料面談を実施していますので、まずお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
【スマートフォン、パソコンからのお問い合わせ・ご相談はこちら】

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

相続手続きでお困りの方へ