SO0250
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「仏具を買うと相続税対策ができる」は要注意!有効的な対策と注意点

「先祖を供養するための仏具には、相続税は課税されないので節税対策になる!」というお話を耳にされ、どんな対策になるのか具体的に知りたいと思い情報収集をされているのではないでしょうか。

亡くなられた方の財産の総額が、基礎控除という基準を超えると相続税の対象となります。仏具も相続財産に変わりはないのですが、相続税を計算する際に財産の総額に含める必要がない非課税財産という扱いになります。

相続税が非課税となることから、仏具を上手に購入すると相続税対策につながると一般的にいわれています。しかし、あまりにも相続税対策ができてしまうような制度ではいけませんので、ルールがあります。

本記事では、正しい知識をもって相続税対策ができるようにご説明をしていきます。これから仏具の購入をご検討される方はぜひ参考にしていただければと思います。

1.生前に仏具を購入すると購入金額相当の相続税対策になる

ご先祖様を祭って敬うために日常的に使う仏具などは、相続税の対象となる財産ではありませんので、もし購入されていらっしゃらない場合には生前に購入すると相続税の対策になります。

同じ仏具等であっても亡くなられた方が生前に購入されて残してくれた仏具等は相続税が非課税となりますが、亡くなられた後に残された財産を活用して仏具を購入してもその金額分は相続税の非課税とはなりません。

現金や預金など相続税の課税対象となる財産をそのままの形で残すよりは、仏具などの相続税が課税されない財産に変えて残した方が、結果として相続税を減額することができ相続税対策につながります。

例えば、相続税の対象となる方の財産が現金5,000万円の場合で、仏壇やお墓等を一度に揃えると500万円の費用がかかるとします。生前に購入して支払いが完了すれば相続財産は4,500万円になります。

図1:仏具の購入金額相当分が相続税の対象財産ではなくなる
仏具の購入金額相当分が相続税の対象財産ではなくなる

図2:お墓や仏壇が非課税財産となる場合、ならない場合
お墓や仏壇が非課税財産となる場合、ならない場合

2.注意!仏具で過剰な相続税対策ができないように基準がある

仏具は相続税の対象財産にならないと知ると「高額で価値ある仏具を購入するなど、もう少しうまく活用できないか?」と思われるかもしれません。

しかし、仏具であっても純金製や過度な装飾を施したもの、骨董的価値や換金性、投資目的があるといったものについては、購入金額等から推測して税務署から本来の仏具の持つ意味を逸脱しており、仏具等の非課税財産だと認定されない可能性があります。

認定されなければ通常の財産となり相続税が課税されます。

華美な装飾や常識の範疇を超えた仏具を購入することは相続税対策とはならないので注意してください。

図3:常識の範囲を超えた華美な仏具では相続税対策はできない
常識の範囲を超えた華美な仏具では相続税対策はできない

3.相続税対策として認められる財産・認められない財産

仏具等は相続税の非課税財産のうち祭祀財産と言われています。国税庁ホームページでは「墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物」は相続税の非課税財産であると規定しています。

しかし、但し書きがあり、「骨とう的価値があるなど、投資の対象となるものや商品として所有しているものには相続税が課税される」となっています。

純金を購入して仏具に加工しても、換金性が高いと判断され祭祀財産とは認められない可能性が高いです。
本来の仏具の意味合いを大切にして購入することで、結果的に相続税対策になるように購入しましょう。

図4:換金性のあるような仏具は相続税対策として認められない
換金性のあるような仏具は相続税対策として認められない

※非課税財産について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

4.同じ仏具でも生前に購入しないと相続税対策にならない

1章でも触れましたが、仏具の購入を検討されている場合は、相続発生後ではなく生前のうちに購入していなければ、相続税の対策にはなりません。

亡くなられた後に、相続する予定の預金や現金で仏具を購入したとしても相続税は減額されません。

図5:生前に購入した仏具は相続税対策になる
生前に購入した仏具は相続税対策になる

5.仏壇など高額な仏具は生前に現金で購入しておく

仏具を含め相続税対策につながる祭祀財産の購入は、生前のうちに必ず現金で購入しておきましょう。購入する際にローンなどを組んでしまった場合、亡くなられた際に債務となりません。

仏具等を購入した費用のローンや借入金であっても、その残債は相続税の債務控除の対象外とされています。

完済する前に万が一のことがあり亡くなられてしまうと、債務だけを相続人が引き継ぐことになり、残債については相続税の計算において何のメリットも受けることができなくなります。

図6:祭祀財産購入のためのローンでも残債は債務控除の対象外
祭祀財産購入のためのローンでも残債は債務控除の対象外

6.まとめ

仏具は非課税財産であり、祭祀財産と呼ばれる財産です。
墓地や墓石などと同様、原則は相続税が非課税となります。ただし、生前にローン等で購入するのではなく、現金で購入しておくことでメリットが生まれます。

相続税対策として考えるのであれば、亡くなられる前に預貯金で仏具等を購入することで、その金額分が相続税の対象財産として計算しなくてもよくなります。

ただし、すでにご説明したとおり仏具を購入することで過剰な節税対策をすることはできないようになっています。華美な装飾や常識を超えた高額な仏具では祭祀財産とは認められず、価値ある相続財産として相続税が課税されることになりますので注意しましょう。

購入時期や購入する内容に注意していただければ、仏具の購入は相続税対策として有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
相続対策・相続税申告で損をしたくない方へ

相続税の納税額は、その申告書を作成する税理士により、大きな差が生じます。
あなたが相続対策や相続税の申告をお考えであれば、ぜひ当税理士法人にご相談ください。
絶対に損をさせないことをお約束します。

OAG税理士法人が選ばれる4つのポイント
選ばれる4つのポイント
  • 相続税の申告件数 年間850件以上の実績
  • 創業30年の実力と安心感
  • 多くの専門書執筆が示す「ノウハウ」
  • 相続に関わる士業とのワンストップ連携
OAG税理士法人に依頼する3つのメリット
  • 考え方に幅のある「財産評価」を知識とノウハウで適切な評価をする
  • 遺産分割を次の相続(二次相続)も視野に入れ、税額軽減の創意工夫をする
  • 専門用語を使わないお客様目線の対応
【お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら】

初回のみ無料面談を実施していますので、まずお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
【スマートフォン、パソコンからのお問い合わせ・ご相談はこちら】

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

相続税でお困りの方へ