ZO0001
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

住宅ローンを夫婦・親子で返済する方は必見!贈与税を回避する全知識

一人で住宅ローンを組むのは大変ですよね。
そんな時、奥さんやご両親が住宅購入の資金援助を申し出てくれたらこんなに嬉しいことはありません。
ただし、こうした資金援助に喜んでいると思わぬ落とし穴がありますのでご注意ください。
実は、資金援助には贈与税の問題が絡んでくるのです。

ここでは住宅ローンにまつわる夫婦間・親子間(祖父母⇒孫含む)の資金援助や住宅ローン借換えの場合に起きる贈与税の問題について記載します。贈与税はポイントを抑えることで上手に回避することができますので、住宅ローンにまつわる贈与税に不安を抱いている方、節税したい方、ぜひご参考ください。

Contents

1.そもそも住宅ローンと贈与税には関係性があるのか?

住宅ローンを考える時には奥様やご両親から資金援助を受けるケースも考えられます。借入ではなく資金援助となる場合には、贈与となるため贈与税が関係してきます。

1-1.贈与税は人から財産を無償で受け取ったときにかかります

まず、贈与税とは
・人から人へ(個人間で)
・お互いに贈与の意思を持って
・無償で(あるいは、時価よりも低い価格で)
・財産が移転
した場合に、課せられる税金を言います。
また、贈与税は財産を渡した側ではなく、受け取った側に納税する義務がある税金です。

日常生活でみると、ご両親から住宅購入資金を援助してもらった場合や知り合いの社長から中古車をもらった場合など、贈与税が発生する可能性のあるケースは多岐にわたります。こういった場合にも、受け取ったのがご自身の場合には、自ら贈与税の申告に行かなければならないのが正しいルールです。

1-2.住宅を購入する際の資金援助で贈与税が発生する2つの例

では、住宅ローンにまつわる贈与税は、どのような場合に発生するのでしょうか?代表的なものは次のようなケースです。

(1)住宅ローンを組む際に、奥様が頭金の一部を負担したが、不動産登記はご自身の単独名義にする
⇒奥様が負担された頭金の額が、奥様からご自身への贈与となります。

(2)住宅ローンの支払いをご両親に肩代わりしてもらうが、不動産登記はご自身の単独名義にする
⇒ご両親が肩代わりした分の金額が、ご両親からご自身への贈与となります。

では、贈与が発生した場合、どの程度の贈与税がかかるのかを確認しましょう。

1-3.贈与税の計算方法から贈与税額を考える

一般的な贈与税の計算式は、以下のとおりです。この計算式に当てはめて贈与税を計算していきます。

図1:贈与税の計算式
ZO0001_1

一般的な贈与税の計算では、贈与を受ける側が年間110万円(1月1日から12月31日)までの受け取りであれば非課税のためゼロ円となります。110万円を超えた場合にはその超えた分の金額についてのみ計算を行ないます。110万円を超えた部分の計算では、上記の計算式(図1)と贈与税の速算表(表1)で計算された贈与税を納税することになります。

表1:贈与税の税率表  ※特例税率は贈与をうける人(子・孫)が20歳以上のとき
ZO0001_2

【計算例①】
奥様からご自身への贈与額が600万円であった場合、贈与税の金額は次の通りです。
(頭金として600万円を奥様からもらった場合など)

(600万円-110万円)×30%-65万円=82万円

特別税率表は直系尊属(祖父母や父母など)から、その年の1月1日において20歳以上の者(子・孫など)への贈与の場合に使用します。

【計算例②】
ご両親からご自身への贈与額が600万円であった場合、贈与税の金額は次の通りです。
(住宅ローンの一部負担として600万円をご両親からもらった場合など)

(600万円-110万円)×20%-30万円=68万円

ここまでで、住宅ローンにまつわる贈与税が発生するケースとその金額がどの程度になるかについて、おおよそお分かりいただけたかと思います。
次は、その贈与税を回避する方法についてそれぞれのケースに沿って解説します。

2.夫婦間贈与に関わる贈与税回避のポイント

2-1.奥様が購入資金の一部を負担する場合に押さえたい贈与税の2つのポイント

2-1-1.奥様が頭金を負担する場合は、頭金相当を奥様の持ち分として不動産登記する!

【贈与税が発生するケース】
住宅を購入したとき、住宅ローンも不動産登記もご自身単独名義だけれども、実は奥様も頭金の一部を負担しているというケースがよくあります。このままの状態ですと、奥様からご自身へ贈与があったものとして、奥様が負担した頭金から基礎控除額110万円を控除した残額についてご自身に贈与税が課せられてしまいます。

【贈与税の回避方法】
住宅には所有権があります。奥様が負担した頭金相当分については奥様の持ち分となるように不動産登記をすることで贈与税を回避することができます。これは、共働き夫婦が住宅ローンを夫婦それぞれの名義で2本組む場合(ペアローン)も同様で、各自の住宅ローン負担割合に応じて不動産の持ち分をそれぞれ設定することで贈与税の回避が可能となります。

このように贈与税の問題を避けるためには、実際の購入資金の負担割合と不動産登記の持ち分割合を同じにする必要があります。

2-1-2.住宅ローンが連帯債務の場合は、夫婦の所得割合等で不動産の持ち分を定める!

(1)まずは住宅ローンの連帯債務と連帯保証の違いを確認しよう

連帯債務の場合にはローンに対し奥様とご自身がそれぞれ独立した契約者となり直接的にローンの弁済責任を負うことになります。一方で、連帯保証となり奥様がご自身の保証人となる場合にはローン契約の当事者はご自身だけとなり、奥様は間接的なローンの弁済責任を負うことになります。

この場合、連帯債務者であっても連帯保証人であっても、どちらも最終的には弁済責任を負うことになりますが、贈与税の問題を考える際には、ローン契約の当事者が誰になるのかだけを考えるため、持ち分登記の取り扱いが変わってきます。

また、ローンが連帯債務の場合には、そのローン負担割合は所得金額等に応じて合理的に定める必要があり、それに連動して不動産の持ち分割合も決まります。よって、例えばご自身が奥様に変わって負担する借入金がある場合には、ご自身から奥様に対する贈与となってしまいますので注意しましょう。

【例】
5,000万円のマンションを夫婦2分の1ずつ共有の持ち分とする
夫婦2人の連帯債務のローン 5,000万円
これを夫婦の間で夫と妻とで6:4の割合で負担すると取り決めた場合
  
(実際の負担額)
夫の負担借入金 5,000万円×60%=3,000万円
妻の負担借入金 5,000万円×40%=2,000万円
  
(本来負担すべき金額) ※持ち分が2分の1のため
夫の負担借入金 5,000万円×50%=2,500万円
妻の負担借入金 5,000万円×50%=2,500万円

(夫から妻への贈与金額)
3,000万円-2,500万円=500万円

一方、連帯保証の場合には保証人はローン契約の当事者ではないため、持ち分はゼロとなります。

(2)連帯債務ローンなのにご自身の単独名義で住宅を購入した場合の落とし穴

【贈与税が発生するケース】
贈与税の問題を全く考えず、連帯債務で夫婦それぞれが住宅ローンを組んだけれどもマンションはご自身の単独所有とした場合にはご注意ください。

この場合には、ローン返済おこなう年ごとに奥様の返済負担分について、奥様からご自身への贈与があったものとされてしまいます。このとき、もし奥様の返済額が定かでなかった場合には(夫婦共通の口座から返済を行いそれぞれの明確な負担額が算定できない場合など)、その年のローン返済額に夫婦の合計所得にしめる奥様の所得割合を乗じた金額をその年の奥様からご自身への贈与額とします。

【贈与税の回避方法】
このような状態となってしまった後に贈与税を回避する策としては、売買形式の形をとって、ご自身から奥様へマンションの持ち分を移転する必要が出てきます。

しかし、このやり方をすると毎年不動産登記が必要となり、登録免許税、不動産取得税、司法書士手数料等がかかり不経済となります。連帯債務でローンを組む場合には初期の時点で所得金額や実際の返済額に応じた持ち分をそれぞれ登記するのが良いでしょう。

2-2.妻が子育てに専念?!住宅ローン借換え時に押さえておきたい贈与税のポイント

2-2-1.ペア住宅ローンを夫単独名義のローンに借換える場合の落とし穴

共働き夫婦は、住宅ローンを組んだ当初、住宅ローン控除を最大限に活用しようとそれぞれの名義でローンを組み、不動産登記もローン負担分に応じて行うことが多いのではないでしょうか。しかし、ローンの返済途中で奥様が家事や育児に専念することになると、住宅ローン返済を全額ご自身の負担にするために、ご自身の単独名義のローンに借換えを行うケースがあります。

このとき、不動産登記を変更せず、住宅ローンをご自身の単独名義のものに借り換えた場合には、ご自身が奥様の住宅ローンを肩代わりしたことになってしまうため、肩代わりした住宅ローンの残債分がご自身から奥様への贈与となってしまいます。このような場合の贈与税を回避するには、負担付贈与という手段が有効です。

2-2-2.負担付贈与とは?

ローン借換えと同時に妻の住宅ローン残債相当の不動産持ち分を夫へ移転登記することで贈与税を回避することができます。これを負担付贈与といい、妻の不動産持ち分を住宅ローン残債という負担付で夫へ贈与したことになります。

このとき、贈与税の課税対象は【持ち分移転する不動産の時価(=不動産時価×妻の持ち分比率)】から【住宅ローン残債】を控除した額となりますので、【持ち分移転した不動産の時価】=【住宅ローン残債】であれば贈与税はかかりません。
【持ち分移転する不動産の時価】>【住宅ローン残債】の場合には、その差益に対して夫に贈与税がかかりますので注意が必要です。

【持ち分移転した不動産の時価】=【住宅ローン残債】  ・・・ 贈与税は非課税
【持ち分移転した不動産の時価】>【住宅ローン残債】  ・・・ 夫に贈与税
(但し、差額が110万円までは非課税)
【持ち分移転した不動産の時価】<【住宅ローン残債】  ・・・ 贈与税は非課税

一方、妻については【持ち分移転する不動産の簿価】<【住宅ローン残債】の場合にはその差益に対して譲渡所得とみなされ所得税がかかります。

【持ち分移転した不動産の簿価】<【住宅ローン残債】  ・・・ 妻の譲渡所得

但し、住宅ローン借換え時の銀行審査においても、通常はローン額に応じた担保が求められますから、住宅ローンの負担額に応じた持ち分の不動産登記は必然とも言えるでしょう。

【例】
5000万円のマンションを夫婦それぞれ2500万円のペアローンを組んで購入し、それぞれ500万円ずつ返済した時点で夫単独名義のローンに借り換える場合には次のようになります。


【当初ローン残高】夫2500万円、妻2500万円 
【当初不動産持ち分】夫50%、妻50% 


【500万円返済後ローン残高】夫2000万円、妻2000万円
【500万円返済後不動産持ち分】夫50%、妻50%


【妻のローン残債2000万円の負担付で残債相当持ち分を譲渡】
【負担付贈与後の不動産持ち分】夫90%、妻10%   

100%×2000万円(負担付贈与の対象となるの妻の残債)/5000万円(当初ローン残高)=40%
∴40%分(2000万円相当=5000万円×40%)の移転登記を行う必要あり。
夫持ち分 50%+40%=90%
妻持ち分 50%-40%=10%

図2
ZO0001_3

2-3.離婚による財産分与に伴う住宅ローン名義変更については贈与税がかからない?!

離婚協議により住宅ローンはご自身が払い続けるが、不動産の所有権はすべて奥様のものとなるケースを想定しましょう。このとき、奥様は不動産を無償で入手するわけですが、通常このケースでは贈与税はかかりません。これは贈与ではなく、離婚に伴う財産分与と考えられるからです。

ただし、分与された財産の額が社会通念上多すぎると認められる場合や、贈与税を回避する目的で離婚したと認められるケースでは贈与税が課せられることになりますのでご注意ください。

3.住宅ローンをご両親に肩代わりしてもらう場合に押さえておきたい贈与税の4つのポイント

3-1.ご両親に住宅ローンを肩代わりしてもらう場合の贈与税の落とし穴

住宅ローンの返済の途中で、ご両親に住宅ローンを肩代わりしてもらうケースを想定してみましょう。このとき、ご両親の返済資金で住宅ローンを返済したにもかかわらず、不動産登記について何もしないでいると、やはり贈与税が発生してしまいます。贈与税を回避するためには、ご両親が負担した資金相当の持ち分について、所有権がご自身からご両親へ移転したものとして不動産登記をする必要があります。

3-2.住宅取得等資金の非課税の特例制度は使えません!

このとき、上述した住宅取得等資金の贈与税の非課税の特例は使えません。この特例は、贈与が行われた年の翌年3月15日までに居住を開始することという要件があり、すでに住んでいる状態では、この特例の要件に合致しないためです。

3-3.暦年課税方式の基礎控除110万円枠や相続時精算課税方式は使えます!

それでは、暦年課税方式の基礎控除110万円の枠内で毎年住宅ローンを親に返済してもらうケースはどうでしょうか。基本的には毎年110万円以下であれば贈与税はかからないといえますが、毎年計画的に110万円以下の資金援助を受ける場合には注意が必要です。

これは定期贈与とよばれ、毎年同時期に同額の資金援助があると、その資金援助開始の時点においてまとまった資金の贈与の意思があったものとみなされ、その総額について一時に贈与税が課される可能性があるのです。

この定期贈与認定を回避するには、毎年、基礎控除を少し上回る額の贈与を行い、その都度贈与税申告書を提出するのがおすすめです。毎年申告することにより、まとまった資金の贈与ではなく、必要な都度、毎年110万円の贈与を行っているということを税務署に対して示すことができます。例えば、111万円の贈与税の申告書を提出すれば1,000円の納税額ですみます。

また、ご両親に住宅ローン残債を肩代わりしてもらうケースにおいて相続時精算課税方式を利用することも可能です。ただし、いったん相続時精算課税方式を選択すると暦年課税方式へは戻れないことや、相続時精算課税方式は相続税の繰延べであって非課税ではないことに注意して選択を検討してください。

3-4.お子さんにローン返済能力がない場合は?

お子さんが借金を多額に抱えて明らかにローン返済が不可能な状態にある場合には、ご両親がローンを肩代わりしても贈与税は課されないことになっています。このようなお子さんの状態を、“資力喪失”といい、例えば自己破産も一例です。この“資力喪失”の判定は非常に難しいので専門家に相談することをおすすめします。

4.まとめ

今回は住宅ローンにまつわる贈与税の諸問題について書きましたがご参考になりましたでしょうか?

重要なことは、夫婦間であっても、親子間であっても、住宅購入資金負担分に応じた不動産登記が行われているかどうかです。仮に、誤った持ち分で不動産登記をしてしまった場合には、贈与税の申告期限である翌年3月15日までに錯誤登記を行うようにしましょう。錯誤登記を行い、贈与の意思がなかったことが確認できれば贈与税は課されません。

ただし、不動産登記には登録免許税や手数料その他不動産取得税がかかりますので、贈与税の負担と比べてどちらを選択すべきか検討してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
相続対策・相続税申告で損をしたくない方へ

相続税の納税額は、その申告書を作成する税理士により、大きな差が生じます。
あなたが相続対策や相続税の申告をお考えであれば、ぜひ当税理士法人にご相談ください。
絶対に損をさせないことをお約束します。

OAG税理士法人が選ばれる4つのポイント
選ばれる4つのポイント
  • 相続税の申告件数 年間700件以上の実績
  • 創業30年の実力と安心感
  • 多くの専門書執筆が示す「ノウハウ」
  • 相続に関わる士業とのワンストップ連携
OAG税理士法人に依頼する3つのメリット
  • 考え方に幅のある「財産評価」を知識とノウハウで適切な評価をする
  • 遺産分割を次の相続(二次相続)も視野に入れ、税額軽減の創意工夫をする
  • 専門用語を使わないお客様目線の対応
【お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら】

初回のみ無料面談を実施していますので、まずお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
【スマートフォン、パソコンからのお問い合わせ・ご相談はこちら】

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す