SO0031
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

遺産相続を兄弟で円満に終わらせための基礎知識と4つの配慮

ご両親がお二人とも亡くなられたあとに、ご両親の遺産をご自身と弟さん・妹さんなど兄弟で分割する場合に、どのような考え方で分割するのが良いだろうか、と悩まれながら本記事をお読みでは無いでしょうか。

「兄弟間の遺産相続ではトラブルになることが多い」という話を耳にされることも多いと思います。しかし、実際には「普段から仲良くしているし、自分たちは大丈夫だろう!」「亡くなってから話をすれば何とかなる」と思っていて準備を全くされていない方が多いのが現状です。兄弟であっても、思わぬ原因からトラブルを招くケースがあり、その多くは自分が多くもらえると思っている方と、全員平等だと思っている方がいることからはじまります。

仲の良かった兄弟同士がご両親の遺産相続をめぐって裁判をおこすなど、なんとしてでも避けたいものです。そのためにも、ご両親が元気なうちに兄弟全員が納得できる分割方法についての知識を身につけて、実践しましょう。

1.ご両親の遺産相続時に兄弟の相続割合を決める方法

ご両親の遺産相続を兄弟で行う場合の分割方法には、法律で定められた割合を基準として分割する方法と、遺産を分割する話し合い(遺産分割協議)や遺言書の指定による分割といった自由に配分を決める方法があります。

1-1.法律で定められた割合を基準として分割をする

相続には、法律で定められた割合である「法定相続分」を基準として分割する方法があります。ご両親がお二人とも亡くなられたあとに遺産を相続する場合には、ご両親が作成された遺言書がなければこの法定
相続分を基準として遺産を分ける方法が1つとなります。この場合、亡くなった方を基準とするとお子さんの立場であるご兄弟で分割することになり、お子さん全員で100%の財産を分け合うことになります。次の割合が適用されます。お子さんの分割割合は、兄弟姉妹問わず皆さん同じ割合で分割されます。

図1:「法定相続分」による兄弟での分割イメージ

SO0031_1

<例>
・ご両親がお二人とも亡くなった場合
・お子さんが3人兄弟の場合の遺産分割の法定相続

1-2.法律で定められた割合を基準にせず自由に配分を決める

「法定相続分」を適用するとスムーズな相続となりますが、ご両親の介護をしていたなど過去からの家族内の関係を考慮したり、実際の財産が不動産など均等に分けられない財産ばかりであることも多いことから、これらを鑑みて話し合いで決めるケースも多くあります。また、ご両親が作成された遺言書がある場合には遺言に基づいた内容を最優先として相続します。

1-2-1. 兄弟で話し合いをして決める

ご両親の遺言書による遺産分割の指定がない場合、実際に遺産を分割しようとすると実家の不動産と少量の現金など、均等に分けられる財産が残されていないケースが多々あります。そんな場合には、兄弟で分割方法や割合を決める「遺産分割協議」という話し合いをおこない、全員が合意をした場合には、法定相続分以外の割合で分割することができます。

「遺産分割協議」については、兄弟が対面して話し合う必要はなく、電話やメール、ファックスで協議を進めてもかまいませんが、兄弟の誰か一人でも協議に不参加の場合、その内容は成立しません。相続人の全員の「参加・合意」および「遺産分割協議書への署名と捺印」が必須となります。

遺産分割協議をスムーズに完結させるポイントとしては、ご両親から受け取る財産について亡くなった時点の財産を分割することを考えるのではなく、兄弟間で「生涯で平等」になるように配慮することが大切です。例えば、兄弟の誰かが多額の学費を支払ってもらっていた場合など、その分に配慮して相続の割合を少なくするなど、お互いの立場を尊重しあうと良いでしょう。

図2:遺産分割協議のイメージ

SO0031_2

1-2-2. 遺言書がある場合は最優先される

ご両親が作成された遺言書がある場合には、その内容が最優先されて遺産分割が行われます。ご両親の意思を尊重した遺産分割ができますので、ご両親が元気なうちに遺言書を作成しておいてもらうことが大切です。

図3:遺言書が優先される

2.兄弟で遺産を分ける際にトラブルを回避する4つの配慮

1章で記載したとおり遺言書がある場合や法律で定められた分割割合を基準として相続することに納得する場合には問題が起こりづらいのですが、実際の相続の際には財産を均等に割り切れないことから、遺産分割協議を行うケースが多くなります。しかし、遺産分割協議をとおして話し合いで決めるとなると、なかなかスムーズに進行できないのが相続というものです。

実際には、さまざまなケースによりご両親の遺産相続をめぐる兄弟間のトラブルが発生していますが、次の4つのケースにおいて、お互いに配慮することで遺産分割協議がスムーズになります。

2-1.ケース1:生前に兄弟の一人が財産の贈与を受けていた場合

ご両親がご健在なうちに、同居していたご自身が実家を贈与されるようなケースです。このような場合、相続時の財産を弟さんや妹さんと平等に分けようとすると、すでに贈与でもらった財産があることがキーとなり、兄弟から平等ではないと指摘される可能性が高くなります。そんな場合には、公平性を保つために、相続時に実家を価値換算して相続財産の一部として組み入れる配慮をしましょう。

その上で、法定相続分で指定された割合で分割されたと仮定して計算し、兄弟がお互いに平等と感じられるような相続分を決めます。もし、差額が発生した場合には協議の中でどこまで調整するか話し合いをしましょう。このようにお兄さんが受け取った財産(実家)のことを「特別受益」といいます。
 
(例)
兄弟3人:長男(ご自身)・長女・次男
 
亡くなった際の遺産総額:7,000万円
ご自身が以前に贈与された実家の評価額:2,000万円

図4:長男が生前に贈与を受けているイメージ

SO0031_4

分割する財産総額をこのように設定する。
7,000万円 + 2,000万円(実家の評価額=特別受益分)=9,000万円
  
3人兄弟がそれぞれもらえる相続分を次のようにすると、トラブルが起きません。
ご自身:6,000万円×1/3-2,000万円(特別受益分)=1,000万円
妹さん:6,000万円×1/3=3,000万円
弟さん:6,000万円×1/3=3,000万円

2-2.ケース2:生前にご両親の介護をしていた場合

寝たきりのお父さんの介護のためにご自身が仕事を辞め、献身的に日々お世話をしていた場合、「法定相続分」による平等な分割では、納得がいかないと思うこともあるのではないでしょうか。本来お金を払って入院させたいところですが、高額な費用が発生することを回避するために家族で介護をすることになった場合など、介護等をとおして財産の維持や増加に貢献した場合には「寄与分」という考え方を取り入れることができます。
 
このケースのように寝たきりのお父さんがいる場合に、病院や老人ホームに入れると多額の費用が発生しますので、財産の大半が残らなかったり、財産をすべて使いきりお子さんがお金を拠出して維持をすることも想像できます。そんな状態を回避するために貢献した場合には、そのご苦労について兄弟に認めてもらい、財産を分ける際には寄与の度合いに応じた相続分がもらえるように配慮してもらいましょう。

「寄与分」は話し合いで決着しない場合に家庭裁判所に請求できますが、実態としては認められるケースは少ない状況です。ご両親のお世話をしたことで誰かが損をした、などと思うことがないよう、遺産分割協議を行う際などはお互いの過去の貢献について配慮しましょう。

2-3.ケース3:学費など過去の親からの支援に差があった場合

ご両親からご自身だけが余分に学費を500万円支払ってもらった場合、弟さんや妹さんとの公平を保つために、学費を特別受益(2-1.ケース1参照)として考えます。その場合、過去の500万円の学費を相続財産に含めた形でお兄さんの相続分を考えるような配慮をすると良いです。

(例)
兄弟3人:長男(ご自身)・長女・次男

亡くなった際の遺産総額:4,000万円 
ご自身だけが学費を払ってもらった額:500万円

図5:長男が余分に学費を払ってもらったイメージ

SO0031_5

分割する財産総額をこのように設定する。
4,000万円+500万円(学費)=4,500万円

3人兄弟がそれぞれもらえる相続分を次のようにすると、トラブルが起きません。
ご自身:4,500万円×1/3-500万円(特別受益分)=1,000万円
妹さん:4,500万円×1/3=1,500万円
弟さん:4,500万円×1/3=1,500万円
 

2-4.ケース4:遺言を確認したら一人に全財産を渡すことになっていた場合

自宅で遺言書を発見して所定の手続きをしたのちに内容を確認したところ、同居していたご自身に「全ての財産を相続させる」と記載されていた場合に弟さんや妹さんはどうしたらよいでしょうか。

遺言の内容はご両親の意思であるため尊重をしたいところではありますが、遺言による相続は、遺言書が相続人であるご兄弟の権利を侵している場合には、遺言書通りの割合にはなりません。遺言書がある場合に最低限相続できる権利を「遺留分」といいます。この遺留分は相続人が主張しない場合には保証されませんので、偏った相続割合の場合には「遺留分減殺請求」という請求をおこなうか、遺言で財産をもらった方が兄弟に配慮して協議をしましょう。
 
【遺留分について】
遺留分の権利を主張できるのは被相続人の「配偶者・子・孫・父母・祖父母」に限定されています。

ご両親がお二人とも亡くなられた場合の遺産相続では、兄弟で分割するとしても亡くなった方の立場から
考えるため「子」の遺留分を確認します。お子さん全員の遺留分の合計が1/2となります。

図6:子のみの場合の遺留分

(例)
兄弟3人:長男(ご自身)・長女・次男

亡くなった際の遺産:100%をご自身(長男)に相続するという遺言 

子の遺留分が1/2であり兄弟が3人であることから、それぞれの遺留分は次のようになります。
ご自身:1/2×1/3=1/6・・・今回は使用しない
妹さん:1/2×1/3=1/6
弟さん:1/2×1/3=1/6

図7:遺言書に長男に100%相続すると書かれていた場合の対処法

3.トラブル回避!ご両親がご健在なうちに考える相続の4つの事前対策

1章、2章では、ご両親の遺産相続における兄弟の分割方法について様々なケースをあげて説明をしてきました。兄弟間でトラブルになりやすいケースもお分かりいただけたと思います。では、トラブルを回避するための対策として、どんなことができるのでしょうか。

亡くなってから10ヶ月以内に相続税の申告と納税の期限を迎えます。
その中で気持ちの整理と遺産の整理を決めることは難しいため、事前に準備をしておきましょう。

期限については⇒「相続税の期限はいつ?期限を守らないと大きな損をする?!」         

3-1. 過去にもらった財産を把握しておく

2章でご説明しましたが、「法定相続分」を基準として平等に分割するつもりが、「弟だけが多額の学費を払ってもらっていた」「自分は親の介護のために会社を辞めて献身的に介護をしている」など、さまざまな
理由で相続の割合変更を主張するケースがあります。

そんな場合に備えて、円滑な分割ができるよう過去にもらった財産などをご兄弟それぞれが把握しておくとよいでしょう。また、可能であれば事前にその内容についてお互いに配慮しながら合意をしておくと、
スムーズな遺産相続の手続きができます。

3-2. 生命保険を利用してスムーズに分割する

遺産分割においてトラブルが発生する一つに現金が無いことがあげらます。ご両親がお二人とも亡くなられたあとの遺産相続においては、使える特例が少ないことから相続税が高額になりやすいものです。相続
する現金が少ないことは、相続税の支払いにも困りますし、分割でも困ります。しかし、生命保険の非課税枠を利用すると、その枠内の生命保険は相続税の対象外となります。

つまり、ご兄弟3人だけの相続の場合には500万円×3人=1,500万円まで非課税となります。

図8:生命保険の非課税枠の計算式

配偶者へ相続する際の特例 ⇒ 「配偶者は相続税知らず?配偶者の相続税軽減のかしこい活用法」

(例)
兄弟3人:長男(ご自身)・長女・次男

保険金が2,000万円で法定相続人が3人のケース。

保険金として現金2,000万円を受け取りますが、非課税枠が1,500万円(500万円×3人)となるため、残りの500万円(2,000万円-1,500万円)だけが相続財産にプラスされ相続税の課税対象となります。

図9:生命保険を活用した相続税の課税対象額の対策

つまり、預金で2,000万円持っていた場合には全額が相続税の課税対象となることに対して、保険金で受け取った場合は相続税の課税対象額を1,500万円も低く抑えることができます。相続税の節税効果も高く、その分の現金を残すことができます。現金が不足してトラブルになるケースが多いことから、生命保険の活用は有用となります。

参考 ⇒ 「相続税対策で生命保険を活用。5つの理由と選び方の全知識」

3-3. 遺言書でご両親・兄弟の意思を固めておく

ご両親の遺言がない場合には、遺産分割協議や法定相続により相続の割合が決められますが、2章でご説明したように、さまざまなケースでトラブルが起こる可能性があります。しかし、ご兄弟を一番よく知るご両親の意思を遺言書にまとめておくことで、兄弟間での話し合いが必要なくなりスムーズに相続することができるかもしれません。
 
遺言の話をするのは少し気が引ける、と思われるかもしれませんが、ご両親は子どもたちがこれからも助け合いながら仲良くし続けてほしいと願っているはずです。機会を見つけて、一度相談をしてみることをおすすめします。

3-4. 財産をすべて換金する準備をしておくと、分割しやすくなる

ご両親の財産に実家が含まれる場合、兄弟のうちどちらかが実家を相続すると、多くの場合に財産を平等に分割することが難しくなり、トラブルを引き起こすことになります。幼いころから親しみのある実家を手放すことは気が引けるとは思いますが、遺産相続の際に相続税の支払いや平等な分割が難しい場合には、売却することも早い段階から視野に入れておきましょう。

もし、実家などの現金以外の財産を売却して金銭に換えることができれば、相続財産の多くは現金となり遺産分割をスムーズにおこなうことができるようになります。

10:実家(不動産)をお金に換えて分割するイメージ

デメリットとして、実家の売却には手間や時間がかかること、売却時に税金がかかることです。また、一番の課題は思い入れのある実家を取り壊してお金にするなんてさみしくて出来ない、とお考えの方がご兄弟にいらっしゃると思いますので、その場合に話が止まってしまうことです。

仮に、遺産である実家の不動産を分割せずに保留しておくことや、共有持ち分として権利を3分割することもできますが、お子さん・お孫さんなど末代にそのまま相続していくと、相続人全員の印鑑をもらわないと売却できないため大きなリスクを持っていることから、難しい問題を後世に残すことになります。

この点からも、実家などの財産を将来的にどうするか、ご兄弟でも話し合っておきましょう。

4.まとめ

ご両親の遺産相続を兄弟でおこなう場合の分割方法や、トラブルはどんなケースで起こりえるのか、そしてトラブルの対策についてお分かりいただけたと思います。

ご自身が相続する場合には、どんな相続分があるのか、また兄弟で配慮し合うものはないかなど、相続が開始される前に把握をしておくことで、トラブルを防ぐことができます。

円滑に相続をするために今からできることがイメージできましたら、ご兄弟で話し合いをしてみてはいかがでしょうか。

遺産分割についてより詳しく説明しています ⇒ 「はじめての遺産分割。遺産分割の4STEPと分割方法の基本ガイド」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
相続対策・相続税申告で損をしたくない方へ

相続税の納税額は、その申告書を作成する税理士により、大きな差が生じます。
あなたが相続対策や相続税の申告をお考えであれば、ぜひ当税理士法人にご相談ください。
絶対に損をさせないことをお約束します。

OAG税理士法人が選ばれる4つのポイント
選ばれる4つのポイント
  • 相続税の申告件数 年間700件以上の実績
  • 創業30年の実力と安心感
  • 多くの専門書執筆が示す「ノウハウ」
  • 相続に関わる士業とのワンストップ連携
OAG税理士法人に依頼する3つのメリット
  • 考え方に幅のある「財産評価」を知識とノウハウで適切な評価をする
  • 遺産分割を次の相続(二次相続)も視野に入れ、税額軽減の創意工夫をする
  • 専門用語を使わないお客様目線の対応
【お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら】

初回のみ無料面談を実施していますので、まずお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
【スマートフォン、パソコンからのお問い合わせ・ご相談はこちら】

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す