SO0013
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

相続税にも障害者控除あり!家族に財産を遺すための適用条件と控除額

ご家族に障害者の方がいらっしゃる場合には、家族が元気でそばで支えていられる間は安心ですが、万が一のことを考えるといろいろと心配事があると思います。「相続財産をいくら残そうか」「1円でも多くの財産を残して困らないようにしたい」など、将来の財産について相続のことをしっかり考えられていると思います。

日ごろの給与所得で「障害者控除」があるように、相続でも「障害者控除」などの優遇処置はないのか。と考えられている方は、ぜひ「相続税の障害者控除」について本内容を確認いただき、相続の際にご活用ください。

1.障害者控除の適用条件は4つの条件にすべて該当する方

相続税の障害者控除を受けるには、条件があります。次の4つの内容にすべてあてはまる場合に税額控除を受けることができますのでしっかり確認しましょう。なお、贈与税についても非課税枠がありますので、生前に対策をされる場合には5章をご参照ください。

1-1.相続や遺贈で財産を取得した時に日本国内に住所がある人

相続や遺贈で財産を取得した時に日本国内に住所がある方が対象となります。海外に住所がある場合には、対象とならないため注意をしましょう。

1-2.相続や遺贈で財産を取得した時に障害者である人

財産を取得した時に「障害者」として認定されていることが条件となります。一般障害者と特別障害者のいずれも対象ですが、障害者控除の計算の基準額が異なりますので2章をご確認ください。

1-3.相続や遺贈で財産を取得した人が法定相続人であること

障害者控除を受ける方が、「法定相続人」である必要があります。法定相続人は次の図の配偶者および第一順位から第三順位の方です。ただし、相続の放棄があった場合には、その放棄が無かったものとした場合における相続人が対象となります。特に遺贈の場合は、通常の相続であれば法定相続人であるかどうかは問われませんが、障害者控除では「法定相続人」である必要があります。
 
図1:法定相続人の範囲

SO0013_1

1-4.満85歳未満であること

相続税の障害者控除は相続人の年齢が満85歳になるまでとなっています。相続人の年齢が若いほど相続後の生活期間が長く大変だということで、控除額が大きくなる仕組みとなっています。

2.障害者控除の額は「満85歳までの年数×年控除額」

障害者の方が満85歳になるまでの年数1年(年数の計算にあたり、1年未満の期間は切り上げ)ごとに控除額が増えていきます。

図2:障害者控除の算定式

SO0013_2

2-1.控除額は一般障害者(10万円)と特別障害者(20万円)

障害者控除の1年の控除額は次のとおりです。障害の等級により控除額が異なります。
 ・特別障害者 : 20万円
 ・一般障害者 : 10万円

2-1-1.一般障害者の定義

 ・身体障害者手帳において、身体上の障害の程度が3級から6級の方
 ・精神障害者保健福祉手帳において、障害等級が二級又は三級の方

2-1-2.特別障害者の定義

 ・身体障害者手帳において、身体上の障害の程度が1級又は2級の方
 ・精神障害者保健福祉手帳において、障害等級が一級の方

2-2.一般障害者の障害者控除額の計算例

一般障害者の方の1年の控除額は10万円のため、次の式となります。

図3:一般障害者の方の障害者控除の式

SO0013_3

(計算例)

亡くなった方のお子さん(満45歳2ヶ月)の場合の障害者控除

(85歳―45歳)×10万円=400万円

2-3.特別障害者の障害者控除額の計算例

一般障害者の方の1年の控除額は20万円のため、次の式となります。

図4:特別障害者の方の障害者控除の式

SO0013_4

 

亡くなった方のお子さん(満45歳2ヶ月)の場合の障害者控除

(85歳―45歳)×20万円=800万円

2-4.障害者控除の控除額は、財産からの控除ではなく相続税から

障害者控除で最も認識をしていただきたいのは、相続税の額から一定の金額を差し引ける点です。障害者控除額が仮に400万円であった場合には、3,000万円の財産を相続しても非課税になるということです。

仮に1,000万円を相続する場合には、相続税の実行税率が10%となることから、

健常者の方が1,000万円を相続する場合:
1,000万円×10%=100万円
 
障害者の方が1,000万円を相続する場合:
1,000万円×10%=100万円―100万円=0円
 ※障害者控除が100万円の場合

 

3.障害者控除額が相続財産から引ききれない場合は他の相続人から控除

障害者控除額が利用できると、かなり大きな財産を非課税で相続できることがお分かりいただけたと思います。障害者本人の相続税額より控除額が大きくなり、控除額の全額が引ききれないケースもあります。そんな時には、引ききれない部分の金額をその扶養義務者(配偶者・直系血族・兄弟姉妹・3親等内の親族)の相続税から差し引くことができます。

障害者の方が相続した財産が1,000万円(本来の相続税100万円)で障害者控除の枠が300万円であった場合、200万円が引ききれません。その際に、その兄弟が2名いてそれぞれ1,000万円(本来の相続税100万円)の相続をした場合には、残りの200万円分を引くことができますので、ご兄弟の方は相続税が0円で相続ができることになります。

4.申請種類と添付書類

<申請書類>
 第6表:障害者控除額の計算書

<添付書類>
 障害者手帳のコピー

5.障害者控除の3つの注意点

障害者控除の適用を考える際に注意すべき3つのポイントをご紹介します。

5-1.障害者手帳の申請中の場合の対処法

障害者として医師から診断書の交付を受けた場合には、速やかに障害者手帳の申請をしましょう。基準は「相続や遺贈で財産を取得した日」となりますので、1月に亡くなった方の相続であれば10月が相続税の申告・納税期限となりますので、それまでに手帳の交付を受けましょう。ただし、医師の診断書が相続開始時にあり、手帳に記載される程度の障害があった場合には認められます。

5-2.以前の相続で障害者控除を受けていると控除額が制限されることがある

対象となる相続人の方が今回の相続以前の相続において障害者控除受けている場合には、控除額が制限される場合がありますので、注意が必要です。

5-3.「要介護認定」は、障害者控除の対象では無い

「要介護認定を受けていれば、税法上の障害者に該当する」というのは、良くある勘違いです。要介護の方も障害者の方と同様に将来に向けて不安要素はありますが、「介護保険法の要介護認定」は、それだけでは「障害者控除の対象」とはならないということです。

6.まとめ

障害者控除について、ご理解していただけたでしょうか。
障害者の方の等級により控除の額が異なること、控除されるのは相続税額であることの2つについてぜひ押さえていただければと思います。

中にはご自身が障害者であることを知られたくないと考える方もいらっしゃいますが、そういう方々も「認定されれば税金が安くなる制度がある」ということは知っておいても損はないと思います。

この制度を適用した相続税の控除額は他の制度と比べてもとても大きいです。お子さんが障害者として認定されている場合には、この制度を活用して財産を1円でも多く遺していきましょう。

相続に関してご不安な場合は、ぜひ相続税の専門の税理士にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
相続対策・相続税申告で損をしたくない方へ

相続税の納税額は、その申告書を作成する税理士により、大きな差が生じます。
あなたが相続対策や相続税の申告をお考えであれば、ぜひ当税理士法人にご相談ください。
絶対に損をさせないことをお約束します。

OAG税理士法人が選ばれる4つのポイント
選ばれる4つのポイント
  • 相続税の申告件数 年間700件以上の実績
  • 創業30年の実力と安心感
  • 多くの専門書執筆が示す「ノウハウ」
  • 相続に関わる士業とのワンストップ連携
OAG税理士法人に依頼する3つのメリット
  • 考え方に幅のある「財産評価」を知識とノウハウで適切な評価をする
  • 遺産分割を次の相続(二次相続)も視野に入れ、税額軽減の創意工夫をする
  • 専門用語を使わないお客様目線の対応
【お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら】

初回のみ無料面談を実施していますので、まずお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください
【スマートフォン、パソコンからのお問い合わせ・ご相談はこちら】

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す